前場ノルマ達成の225miniの動き! | スキャルピングデイトレ日経225先物、必勝法テクニック『楽勝、デイトレード攻略』
スキャルピング日経225先物、225mini、スキャルピングの儲けポイント、楽勝に儲けられるスキャルピングデイトレードポイントをご存じですか。楽勝に儲けられるスキャルピングデイトレポイントを活用すれば、デイトレードは難しくありません。スキャルピング、楽勝デイトレードポイントは1日の中のどこの時間帯に来るのか。 『楽勝、デイトレード攻略』塾では、その楽勝、スキャルピングデイトレードポイントを見極める方法をご案内しています。
  スキャルピングはデイトレ初心者の方は難しい、分かり難い、そう思えたり、感じたりするのかもしれません。 この方法を知ってしまえば、スキャルピングは誰でもできる、儲けやすい売買方法なのです。 楽勝、デイトレード攻略』が実践している、1ティック抜きスキャルピングで儲けるポイントを見つけだせるんです! 私も唖然としました。 こんな簡単な方法があるなんて!  



超人スキャルピング!



225miniデイトレード、『楽勝、デイトレード攻略』売買ポイント報告!!

『楽勝、デイトレード攻略』塾にて認識できる位置は、

下記チャート赤丸買い建てポイント、青丸売りポイントとなります。

この赤矢印上昇波動、青矢印下げ波動の中でのスキャルピングは、容易いものとなっています。


このポイントは『楽勝、デイトレード攻略』マニュアルにて、普遍的な幾つかの事象を確認することで

認識、判断できるものです。

080820

 本日の上下波動は60円×100=6000円以上の変動幅になっていますので、

頭と尻尾を切り捨て、安全な20円程度の収益獲得でも、3波動で60円×100=6000円は見込める

金額になります。

年間100万円収益のノルマは達成となります。

デイトレードで勝ち越しを継続するには、正しい売買ポイントを認識して売買出動すること、

極小の損切りを断行できること、この二つの条件を満たしたマニュアルで対処して実行することにあります。

たったのこれだけを認識して売買すれば、デイトレードでの勝利の女神は微笑んでくれるのです。

10万円の資金で年間100万円以上を目指す、勝利の方程式は、
正しい売買ポイントを認識、極小の損切りを断行の2つのマニュアルを遂行することで可能になります。 

 

今がチャンスです!! 

今がチャンスです!! 無料受講できるお得なサービスが受けられます!

yajirusi

 

デイトレードで損を取り戻したい

=========================

シニア、シルバー世代、初心者のデイトレードを支援します。

 

無料実践ライブ講習、無料デイトレード講習体験ができます。

 

無料実況デイトレード講習を無料体験する

========================  

 

225mini証拠金10万円を差し入れて、デイトレードをした場合225mini1枚の売買が可能です。

現在証拠金は7万円以下になっていますので、3万円迄の損失を見込む売買が可能です。

225miniは呼び値は5円で、レバレッジが100倍となっています。

したがって1ティック5円×100倍=500円の最小値幅で動いています。

スキャルピングで1ティック抜きを成功した場合、500円が収益となります。

ただし証券会社の手数料が1枚の売買完結で210円(消費税込み)となっていますので、

実質290円が手元に残ります。

 手数料は証券会社により異なります。1枚の往復売買で105円(消費税込み)のところもあります。

 

以上の基本条件を基に10万円で年間100万円以上を目指す攻略法を構築したいと思います。

年間100万以上の収益となると、切りの良いところで月間10万円の収益獲得が求められます。


日割りにしますと20日間×5000円=10万円ですから、1日当たり5千円、10ティックとなります。

これは手数料を考慮していませんので、11ティック以上の 獲得で1日当たり5500円が目標となります。

1日5500円の収益を上げるデイトレードを行うことで年間100万円以上の収益が獲得できることになります。

この方法は10万円を基にして、日々獲得した収益は一切使用しないで、

蓄えることを条件にしていますので、
デイトレードに使用する資金は、10万円ポッキリとなります。

更に詳しい内容は無料HPにて公開しています。ログインパスをお求めください。
http://form1.fc2.com/form/?id=245230 

  

私がデイトレードで思うような売買ができるようになり、勝ち越しの継続ができるようになったのは、
ザラバ中にピンポイントで、売買サインの天底の判定ができるようになったからなのです。

関連記事