楽勝デイトレード特塾講座でスキャルピング! | スキャルピングデイトレ日経225先物、必勝法テクニック『楽勝、デイトレード攻略』
スキャルピング日経225先物、225mini、スキャルピングの儲けポイント、楽勝に儲けられるスキャルピングデイトレードポイントをご存じですか。楽勝に儲けられるスキャルピングデイトレポイントを活用すれば、デイトレードは難しくありません。スキャルピング、楽勝デイトレードポイントは1日の中のどこの時間帯に来るのか。 『楽勝、デイトレード攻略』塾では、その楽勝、スキャルピングデイトレードポイントを見極める方法をご案内しています。
  スキャルピングはデイトレ初心者の方は難しい、分かり難い、そう思えたり、感じたりするのかもしれません。 この方法を知ってしまえば、スキャルピングは誰でもできる、儲けやすい売買方法なのです。 楽勝、デイトレード攻略』が実践している、1ティック抜きスキャルピングで儲けるポイントを見つけだせるんです! 私も唖然としました。 こんな簡単な方法があるなんて!  



 『楽勝、デイトレード攻略』、特需講座テキストの抜粋です。

チャートは特別裏技仕様図解入りのためお見せできません。

 

2009年3月24日(火) 

前場寄りつき高く始まったことで、青、緑     から大きく    した株価(ローソク足)は、

それぞれの    に鞘寄せする調整の動きとなりました。

前場寄りつきの株価(ローソク足)の位置と、青、緑     の    の大きさは異常であり、

不自然な形になっていることが確認できます。

この不自然な状況を正す動きになるのが      )の道筋になります。


※       は      からの    なると、その     に戻る
   があります。

       
従って    した   は     を修正する動きになり、

        動きになります。

まず        する下落で株価(ローソク足)が推移します。


しばらく     に絡み付く動きで      A~Bの小幅上昇の動きとなり、

      天井圏Bからの下落で緑    に   します。


後場寄りつき以降株価(ローソク足)は、青、緑     の位置に   、鞘寄せの位置により

水色ゾーンでの揉み合いの横這いの動きとなります。


今日のポイントはなんといっても後場の、揉み合い、横這いからの節目抜け

上昇離脱の動きとなります。

通常の離脱上昇であれば問題はありませんが、今日の動きは特別な動きとなっていて、
 
瞬間的に逆をいく流れとなって、損を被る動きをしていました。


前引けからの下げの継続で、A~Bへの下落となり、      Bとなります。

A~Bの下げの段階で       があり弱い流れの基本パターンとなります。


下値Bからの動きは上昇の動きとはならずに横這い揉み合いの推移となります。
 
それは      ライン上での推移で認識。

株価(ローソク足)横這い、揉み合いの状況は、     を挟んでの揉み合い状況が
 
チャートからはっきり認識できます。

この形は揉み合い終了後に発生する揉み合い離れからの、離脱上昇あるいは
 
離脱下落の流れを暗示させるところとなります。


その離脱の動きは何時発生するのか、その証となるものは何なのか、
 
確認することが大切なこととなります。

それは      や    だけではわかりにくい形であり、後追いの事象となる公算が
 
大きくなります。


     と株価(ローソク足)の関わり合い、さらに       の流れをリンクさせる
 
検証がよいのではないかと考えられます。



株価(ローソク足)と      の揉み合いの流れはほぼ横這いに推移。

      はやや右肩下がりの流れでCに向かって下降推移します。


その緑      の流れは揉み合いが終演する位置である、株価(ローソク足)、
 
       と    するところとなります。

この    がまず最初の揉み合い離れのきっかけとなる事象、赤矢印と考えられます。

この   で株価(ローソク足)、青    と    が    して、株価(ローソク足)と
 
      がどちらかに指向性を指し示すことになります。


その指向性は下流れでした。   
 
 ここまでは通常の下方離脱の流れであり基本の形になります。

ところが8235円の      赤丸Cで底形成と同時に、切り返し急騰の流れとなって、

株価(ローソク足)は      を    、     も   き、

揉み合い上値ゾーンDからも   となります。


売り玉の完全撤退ロスカットの決断が必要です。

今回は早い損切り決断が必要です。

今回のように    の時間が長い場合は、  後の動きは激しいものになるのが常です。

         を    た段階でロスカットの予見ができれば最高なんですが。



C~Dへの上昇により      が      となり、上昇への基本事象はすべてクリアーして、

D~E,Fへの急騰の流れとなります。

       ではD~Eの    の    以上で、    黒、青、赤共々   ついての

   推移となっています。


       F天井圏からの弱い流れは青矢印の    赤、青、黒天井の段階的な下流れで

認識のできるところ。

      でも同様に基本の流れで確認できます。

このDを    段階で     の売り建てをした玉は、負け玉と確定できますので、

 



     

 

 

 すぐに役立つ初心者スキャルピング、実践スキルアップ講座! 

初心者スキャルピング、成功勝利までサポートいたします!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

初心者スキャルピング特塾講座、個別サポートで勝利を確保!


初心者対応個別サポートで応援します!

 

  勝ち越しのデイトレードとは!!

スキャルピングはデイトレードの達人がするもので、特別の売買のように思われるのは間違いです。
スキャルピングはリスクが少ないうちに逃げることができる、安全な方法なのです。

ではどうすればスキャルピングを使いこなせるのか・・・・・・・・・・・!

デイトレードで思うような結果が出せないのは、儲けのポイントを知らないだけなんです。
あなたは単に儲けのポイントを知らないだけなんです。
デイトレードを成功させるには、最低必要な幾つかのものが必要です。
 
[ポイントを捉えたスキルが必要!]

私がデイトレードで、勝ち越すことができるようになったのは、
ザラバ中の売買出動ポイントを判定することができるようになったからなんです。
たった8万円の資金で、デイトレードライフを楽しむ方法を私は知ったおかげで、

ド素人の私がデイトレードで、勝ち越すことができるようになったのは・・・・・

私はこのスキャルピングポイントを探すことが心地よくさえ感じることがあります。

収益拡大の売買ポイントの見極め、ザラバでのピンポイントサインの見極め、

これが分かればデイトレードは怖くありません。

 

 

私がデイトレードで、勝ち越すことができるようになったのは、

ザラバ中の売買出動ポイントを判定することができるようになったからなんです。

ザラバでのスキャルピングピンポイントサインの見つけ方を暴露します!

詳しい内容はこちらでご案内いたします。

 

今までの分かり難いデイトレードから、分かりやすい


デイトレイド売買法で、効率よい稼ぎの方法を紹介しています。


私がデイトレードで勝ち越しを継続できるのは、

このザラバでのピンポイント売買ポイントを

認識できるようになったからなんです。


覧詳しい内容は、こちらから無料ダンロードできます。
http://www.sugowaza.jp/r/MkdUXzNSaQ==.html


ダンロードが嫌な方はこちらからお申し込みください。
http://form1.fc2.com/form/?id=228814
HPをご案内いたします。 

 をなくす動きが株価(ローソク足)の青矢印の下落の流れと、

      青矢印の流れで確認できます。


後場寄りつきから赤丸Cまでの揉み合いは、様子見の流れとなりますが、

       赤丸Cの状況から、何かが起こるであろう兆しを伺うことができます。

それは           以下のトリプル底となる、滅多にみられない形

であり、不自然な流れになります。


その不自然な動きは、8250円以下の揉み合い    の動きをして、一気に

    する仕掛け的な動きとなる、だまし討ち的な上昇となって現れています。


通常であれば      の動きがない状態で    になるケースがほとんどです。


      を思わせての上昇はいやらしい動きで悩ましいところとなっていました。


ただ     の流れからみると、下値揉み合いの流れですので

さらなる売り込みは難しい状況になっていることがあります。

それが     Cの黒トリプル底のサインと考えられます。

END
関連記事