特塾講座で上昇トレンド・スキャルピング! | スキャルピングデイトレ日経225先物、必勝法テクニック『楽勝、デイトレード攻略』
スキャルピング日経225先物、225mini、スキャルピングの儲けポイント、楽勝に儲けられるスキャルピングデイトレードポイントをご存じですか。楽勝に儲けられるスキャルピングデイトレポイントを活用すれば、デイトレードは難しくありません。スキャルピング、楽勝デイトレードポイントは1日の中のどこの時間帯に来るのか。 『楽勝、デイトレード攻略』塾では、その楽勝、スキャルピングデイトレードポイントを見極める方法をご案内しています。
  スキャルピングはデイトレ初心者の方は難しい、分かり難い、そう思えたり、感じたりするのかもしれません。 この方法を知ってしまえば、スキャルピングは誰でもできる、儲けやすい売買方法なのです。 楽勝、デイトレード攻略』が実践している、1ティック抜きスキャルピングで儲けるポイントを見つけだせるんです! 私も唖然としました。 こんな簡単な方法があるなんて!  



2009年3月26日(木)  

『楽勝、デイトレード攻略』、特需講座テキストの抜粋です。

チャートは特別裏技仕様図解入りのためお見せできません。


前場9:40頃の底形成以降は、上昇トレンド継続の流れとなっています。


                   の底Aからの上昇が、本日の上昇トレンドの始まりとなる強い相場になりました。

特に9:10につけた8500円上値を超えた位置からは、買い方優位の展開が継続されました

それは                     近辺での横這い推移が、

10:30~13:00頃までの1時間程度継続される形となって現れています。

相場の地合いが強いときに現れる現象となります


底値Aからの株価(ローソク足)の推移は、基本事象のポイントを確認することで検証できるもので、

    はすでに青が緑の     の位置に推移していて強い地合いを示しています。

特に株価(ローソク足)が青、緑          る位置は、

       の上     とリンクする位置であり、特買いとなるものです。


後場のポイントとなる流れは、13:50頃からの  の底Bからの再上昇の形になります。

ここも前場の上抜けと同様に強い地合いの中での押し目買いポイントになっていて、

緑      の     の位置関係で株価(ローソク足)が上抜ける流れとなっています。


    では     の動きが発生しています。


     では前場も後場も      の    がない、

      位置での特買い事象と考えることができます。



     でポイントとなった位置を詳しく見ますと、買いポイントとなる見極めができそうです。

まず前場の特買いポイントの形は、      A、Bの底を比較することで理解できます。

      Aの株価より      底Bの株価の方が高い位置にあり、     ていることが確認できます。

この事象は株価1が底値であることを確認できる事象となります。



さらに青    が     に推移し始めていて、緑      する流れとなり、

株価が      に     ける推移となっています。

これらの事象が教えてくれることは、株価1がトレンド転換の底であり、

その上の株価2は上昇への始まりとなる初動の位置であることです。

この位置は   でも同様に買いポイントとなっている位置であり、特買いと判断できるものです。



次に後場の買いポイント14:20前後の株価の流れを検証してみましょう。

前場同様に     底CとDをみますと、   ではなく、     の形となっています。



この形は       の時の上値4の位置がポイントとなります。

 この4位置を   ることで下値3を底と確認することができます。

     交差の位置にも重なるところとなっています。


その上昇への条件となる事象が重なって出現していることになります。  

ここは   買いポイントと一致するところであり、特買いのポイントと認識できます。



      に位置は      天井圏から下流れになる弱い形のところとなっています。

従ってこの状況は強い地合いが株価を買い支えしていると考えることとなります。

        と株価が逆行する現象です。



この現象はまれに発生することがあり、通常では    の方向性に後追いで株価が追いかけるのが

常になっています。

今回は逆の状態となっています。相場地合いが強い、買い方優位の状態が影響していると思われます。



本日の買いトレンドの流れでは、株価が      に   するような位置とリンクする
       底の緑丸の位置安全なスキャルピング買いポイントとなります

 

今回は偶然かどうかわかりませんが、上値4を   ける位置が    を   る位置に重なり、
関連記事